日本財団テレビCM

第140回 海さくらゴミ拾いbackward vol.140

2018年6月17日(日)「海のピンチは街が救う」プロジェクト 湘南編

DSC_5890.jpg

参加人数 500人 可燃ゴミ 22袋 不燃ゴミ 39袋 ありがとうございました!

2018年6月17日(日)第140回海さくらゴミ拾いは、スペシャルな日となりました。

我々、海さくらと日本財団さんを中心に進めています「海のピンチは街が救う」プロジェクトの湘南編でもあり、
新江ノ島水族館さんの第100回ビーチクリーンでもあり、
あたためてきた「海の叫び魚(うおー)」のお披露目であったり、
つるの剛士さんが参加してくださったり、
大規模な分別をしたり、
まさにスペシャルな日となりました。

天気も良く、約500名の皆様とゴミを沢山拾って、
海のゴミは街からやってくること
海に出たゴミは魚や海鳥が食べてしまっていること
など、海の危機的状況を「海の叫び魚」と共に、伝えさせていただきました。

「海の叫び魚」は、6月18日(月)~7月13日(金)まで新江ノ島水族館の中に展示されております。

そこでも本当に多くの方が、「これなんだろう?」から
海のゴミは街からやってくること
海に出たゴミは魚や海鳥が食べてしまっていることなど、
海の危機的状況を知っていただけると思っております。

DSC_6660.jpg

皆さんと一緒に拾ったゴミを「海の叫び魚」の口から入れていくのは、
少し可愛そうな気持ちにもなりましたが、実際に、本当の魚達や海鳥達は、
本当に人間の出したゴミで「命」を落としているわけです。

それを伝えてもらうために「海の叫び魚」が生まれたわけです。

なので、少しごめんね~という気持ちを持ち、そして、一緒に伝えていこう!!という 気持ちで、少し歯を食いしばりながら、ゴミを入れました。

最初の私の挨拶でもお伝えしたのですが、皆様が拾ってくださったゴミに、「海がキレイになりますように」と想いをこめていただき、そして、「海の叫び魚」に入れました。

なので、みなさんの「海よ、キレイになりますように」の想いが、たっぷり詰まったオブジェが誕生したのです。

皆様、本当にありがとうございました。

今回、このイベントを実施するにあたり、
新江ノ島水族館の皆様、
神奈川県の皆様、
藤沢市の皆様、
藤沢市観光協会の皆様、
かながわ海岸美化財団の皆様、
藤沢市教育委員会の皆様、
つるの剛士さん、
などなど本当に多くの皆様のお力を借りました。
そして、約500人の皆様と一緒に実施ができたことを、心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

皆様の「想い」を背中にせおい、これからも頑張っていきます!!
ここからがまたスタートです!!頑張ります!!
海のピンチは街が救うプロジェクトは、海と日本プロジェクトの一環として実施しております。

詳しくはオフィシャルホームページをご覧ください:
https://umitomachi.com/

≪海の叫び魚の中に入ったゴミの種類≫

それでは当日の様子を上重泰秀(じょうじゅう やすひで)カメラマンの写真でお楽しみください。

▼第140回スペシャルゴミ拾い