BLUE SANTA 海と日本プロジェクト

赤いサンタクロースはクリスマスに、青いサンタクロースは「海の日」にやってきます。 赤いサンタクロースはクリスマスに、青いサンタクロースは「海の日」にやってきます。 赤いサンタクロースはクリスマスに、青いサンタクロースは「海の日」にやってきます。

「海の日」は、海の恩恵に感謝する日として定められた祝日です。

海ゴミの約8割は街・川からやってきますので、「海の日」に、みんなで青いサンタクロースになって海や街をキレイにしたいと始まったのがブルーサンタです。

子供も大人も青いサンタクロースになって、海のためにみんなで行動に移す文化が定着することを願っています。

※ 出典 : UN World Ocean Assessment(Allsopp,et al.,2006)

BLUE SANTAゴミ拾いは、日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』と、湘南・江の島にて16年間ビーチクリーンを行い清掃活動のイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人 海さくら』が中心となり、 海と日本PROJECT の一環として海の日に行う環境イベントです。

今までのブルーサンタ

主催団体

海と日本プロジェクト

さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、ときに心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクト。

海と日本プロジェクト
NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに16年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体「NPO法人 海さくら」。楽しいゴミ拾いを江の島で展開するほか、現役力士と相撲体験できるゴミ拾い「どすこいビーチクリーン」やお笑い芸人さんとのビーチクリーン「お笑いビーチクリーン」などなど、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しております。

NPO法人 海さくら