目指せ日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ日本一楽しいゴミ拾い!

BLOG・SNS
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

江の島 Lovers vol.08 Enoshihma lovers vol.08

海さくら参加者 濱野園子さん

海さくら参加者 濱野園子さん

“海さくら”のゴミ拾い活動には、毎回参加してくれる“常連さん”もいます。 濱野さんも、その“常連さん”のひとり。地元・片瀬から、お姉さんと一緒に参加してくれています。

「江の島は観光地だから、地元の人は行きにくい。特に夏場は観光客がすごいし、残していくゴミもすごい。それで海岸は汚くなって…いつの間にか離れてしまっていましたね」

観光地として確立されているがゆえに、だんだん疎遠になっていく…地元に住む人たちにとって、江の島は「近くて遠い」存在でもあるようです。 毎回、西浦の海岸を丁寧にゴミ拾いしてくれる濱野さん。その姿からは、地元・藤沢のシンボルである江の島への感謝の気持ち、恩返ししたいという気持ちが伝わってきます。

これから、江の島が湘南のシンボルとして、ずっとキレイでい続けるために、どうすればいいだろう。

「”海さくら”の活動を通して、客観的な視点から、江の島って実はこうなんだよ、って伝えてほしいですね。あとは、私たち若い世代が、海さくらの活動から、環境のことを考えていければいいですね」

島の中と外。世代間のギャップ。いろんな違いはあっても、江の島に対する想いは共通しています。濱野さんの話を聞きながら、「海さくら」の活動を通じて、みんながいろんな違いを超えて「江の島が好きだ!」という想いをひとつにできたらいいな、と感じました。

インタビュー2007年

目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い