目指せ日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ日本一楽しいゴミ拾い!

BLOG・SNS
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

江の島 Lovers vol.31 Enoshihma lovers vol.31

DUKE金子さん

DUKE金子さん

待ち合わせはまだ4月になったばかりの肌寒い朝だった。Tシャツ、短パンにビーサン姿で颯爽と登場。 よく灼けた肌がアウトリガーカヌー歴25年、海辺の生活が長いことを物語っている。 それにしても何をどこから見ても絵になる人だ。

1963年長崎で生まれたデュークさんは幼い頃から海に親しみ、若い頃には経営者として大成功、アメリカに渡った。 紆余曲折を経て、日本に帰国した際に、ハワイからホクレア号が来日。『運命を感じた』という彼はクルーとして乗ることになった。 そのことをきっかけに、海を渡る、ということを自分の感動とか達成感のためにやるのではなく、何かメッセージを伝えたいと思うようになったそうだ。

今年、葉山から小笠原、ミクロネシア、ポリネシアを経由してハワイまで、一人で漕いでゆく計画をしている。 ミクロネシア、ポリネシアはご存知のとおり、先の大戦で激戦区だったところだ。 戦没者や、ハワイへ渡り帰国が叶わなかった日系人の魂をのせ、力を借りて漕ぐのだという。 手漕ぎにこだわる理由もそこにあり、魂を乗せられるのはカヌーだけ、といういわれがあるからなのだ。

地球、自然とつながる「現代社会はあまりに便利なものにコントロールされ過ぎている。自分で自然を感じて生きることの大切さを伝えたい。経済大国といわれるが、魂=spiritの誇りが今は欠けている。本当の幸せとは何か。昔の人のspiritを子供たちに伝えていきたい。」 そう語ってくれた。

インタビュー2011年

目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い