目指せ日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ日本一楽しいゴミ拾い!

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

第161回 海さくらゴミ拾い Umisakura report vol.161

第161回海さくらゴミ拾い
2020年6月27日(土)
参加人数 138名
可燃ゴミ 26袋
不燃ゴミ 26袋
ありがとうございました!

第161回海さくらゴミ拾いを実施いたしました。

お越しいただきました皆様、いつも応援してくださっている皆様、ありがとうございました。

前回の「海さくらゴミ拾い」は、2020年2月16日でした。それから新型コロナウイルスの影響で、3月・4月・5月と、第161回海さくらゴミ拾いは実施できませんでした。東日本大震災の次の月や、台風以外中止にしたことがこの15年間なく、3か月もゴミ拾いを休んでしまうことが、悔しく、不安もありました。

こんな時だからこそ、Youtube(海さくらチャンネル)から、少しでもゴミ拾い参加の皆様が、笑顔になればと放送も挑戦してきました。

海に行きたい!!皆さんに会いたい!!

Youtubeも、Zoom、Skypeも、Teamsもこの期間色々と活用してきましたが、やっぱり、会いたい!!行きたい!!話したい!! そんな想いが、ようやく実施できるまでになり、先日の6月27日(土)は、皆さんに会えるのがただただ嬉しかったです。

でも、まだコロナは油断ができない状態のため、海さくらでは、①皆様が使用するトングすべてを事前消毒、②受付前に消毒、③検温、④ソーシャルディタンスをたもつような工夫、⑤マスク推奨など、本来の海さくらゴミ拾いではなかったのです。しかたないですね。僕だけではなく、参加者の皆様も、まちに待ってくれていました。だから、ハグしたい!!そんな気分でしたが、それも我慢しました。笑

海は、やっぱり気持ちがいい。色々なストレスも取り除いてくれる。そこをキレイにすると更に気持ちがよく、そこに仲間がいるとそれを共有でき、笑顔が増える。

来月も、おそらくまだまだコロナをケアーしながら、緊張感をもってのごみ拾いになりますが、こうして、また再開でき、多くの皆様の協力のうえで、海さくらが存在していることを再認識しました。海で会えたこと、海で活動できること。当たり前ではないですね。感謝、感謝の日々です。

皆様がお越しになる前に、片瀬東浜でハマグリを放流しました。約1,300個。今、相模湾は栄養過度な状態にあり、その栄養を「ハマグリ」が食べてくれるからです。栄養過度は、海を濁らせ、海底への光を遮断します。光が遮断されると海底に森ができません。海底に森ができないと、海はキレイにならないし、生物の住処もなくなります。ハマグリ君たちは、凄い力をもっています。漁師さん、藤沢市にも許可をとって実施しております。

最初、浜から海にむかって投げ込んでいました。昨年もそうでした。ですが、昨年、ハマグリくん達は、浜に何個か波の影響で戻ってきてしまいました。同じことを繰り返している・・・すぐに、みんなで海に入り、そこから投げました。

海がキレイになることは、僕ら人間だけではなく、魚や海鳥、みんなが幸せになります。こんな海がこれ以上汚くなってしまっては、将来の可愛い子供達が海でストレス解放などもできないですし、海での最高の笑顔も出せません。美味しい魚も食べられないのです。

海のごみは、街・川からやってきます。 この海を「いい形で引き継いでいきたい」です。海は、やっぱり最高です!!

それでは、当日の模様をお楽しみください。
すべての写真は 代表ブログ よりご覧いただけます。

Movie & Photo by 上重泰秀

「海さくら海創造プロジェクト」第56回水質調査の結果
海創造プロジェクト - 水質調査

今後の活動のおしらせ

第162回 海さくらゴミ拾い
2020年7月23日(木・祝) 10:00 - 11:30 / 集合9:45〜
第163回 海さくらゴミ拾い
2020年8月22日(土) 10:00 - 11:30 / 集合9:45〜
目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ

follow us
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い