目指せ日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ日本一楽しいゴミ拾い!

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

第157回 海さくらゴミ拾い Umisakura report vol.157

第157回海さくらゴミ拾い
2019年11月16日(土)
参加人数 260名
可燃ゴミ 36袋
不燃ゴミ 35袋
ありがとうございました!

第157回海さくらゴミ拾い~PADI・AWAREコラボの巻~を実施いたしました。

約260名の皆様がお越しくださいました。ありがとうございました。イベントが長引き、集合写真に入れなかった方が沢山いました。申し訳ございません。

日頃お世話になっておりますPADI様、AWARE様ありがとうございます。最高の天気、富士山くっきり、風もなく、最高のごみ拾い日和となりました。お越しくださいました多くの皆様、いつも応援してくださっている皆様、ありがとうございました!!

今回のごみ拾いは、約1時間くらいごみ拾い、残りの30分でプラスチックだけを拾って「たった30分でこんなにプラスチックが集ってしまっています」とインターネットを通じて、世界に発信もしていく企画も実施しました。 みんな協力してくださり、本当にありがとうございました。 参加者の皆様は、あまりのプラスチックの多さにビックリされていました。 その動画は、こちらのブログで近日公開いたしますが、本当に多かったですね。 今年の4月 にも、30分でどれくらいプラスチックが拾えるか?を実施しましたが、 今回は人数も多く、台風の影響もあり、すごい量となりました。

私たちは、プラスチックをすぐにやめよう!!とかそういうことを伝えたいのではありません。 生活で出た街のごみが、下水道・川をつたって海に流れ、その海に流れたごみは、魚がたべ、いつか人間に戻ってきてしまう。 実際に海岸で拾っていただきリアルを見て感じていただき、それぞれに、それぞれが感じたことを少しづつ実践していくキッカケを作りたいのです。 街がキレイにならないと、生活を個々に考えないと、海は汚くなりつづけます。

面白いごみ拾った選手権も実施し、集合写真撮影前に、多くの方が帰ってしまいました。本当にすみません。 今回のごみ拾いは、260人くらいの方達が来てくださったのです。集合写真に出たかった方も多くいると思います。今後の運営の改善にしていきます。 ただ、拾っていただいたプラスチックを途中で撮影をとめることはしたくなく、(リアルをそのままに映像にしたく)皆さんが一生懸命に拾ってくれたプラスチック拾い活動を途中で中断したくなかったのです。お許しください。

面白いごみ拾った選手権にも多く参加いただき、海岸ごみには色々な物が落ちていることを共有していただけたのではないでしょうか?

皆様が帰られた後、その集めたプラスチックで絵を描き、後日PADI本社に飾っていただきます。PADI本社に来社された方も、この絵をみて、何か感じてくれるかもしれません。大きなキャンパスだったのですが、相当な量のプラスチックが余りました。 数えていませんが、1万個以上のプラスチックをみんなで拾うことができたのです。

海の生物達が誤飲する可能性を少し減らせました。みなさん、小さなプラスチック拾いで大変だったかと思いますが、 本当にありがとうございました。

大きなごみも沢山集まりました!!感謝でいっぱいです。

それでは、当日の模様をお楽しみください。
すべての写真は 代表ブログ よりご覧いただけます。

Movie & Photo by 上重泰秀

「海さくら海創造プロジェクト」第49回水質調査の結果
海創造プロジェクト - 水質調査

今後の活動のおしらせ

第158回 海さくらゴミ拾い - お笑いビーチクリーンの巻 -
2019年12月7日(土) 15:00 - 16:30 / 集合14:45〜
LTO WINTER EVENT 2019 ※要予約
2019年12月14日(土) 15:30 - 17:30 / 受付15:00〜
https://www.uminitsuzuku.com/winter
第159回 海さくらゴミ拾い
2020年1月18日(土) 10:00 - 11:30 / 集合9:45〜
目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い