目指せ日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ日本一楽しいゴミ拾い!

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

第150回 海さくらゴミ拾い Umisakura report vol.150

第150回海さくらゴミ拾い
2019年4月13日(土)
参加人数 170名
可燃ゴミ 15袋
不燃ゴミ 15袋
ありがとうございました!

第150回海さくらゴミ拾いを実施いたしました。

この日は、南カリフォルニアのサーフブランド「 OFF SHORE 」さんとのコラボイベントでした。

夏が始まる前に、海岸に流れ着いているプラスチックの多さを一緒に伝えたい。ただ拾うのではなく、拾ったものから、また発信できるようにできないかと考え、拾ったプラスチックで、「タツノオトシゴ」と「OFF SHORE」のロゴを描くことにしました。

参加してくださった方は、「日頃ゴミ拾いに参加しているけど、こんなにプラスチックに注目して拾ったことがなく、こんなにあるんだ~!」と、あらためて海岸にプラスチックがあることを認識してくれたり、初参加の方達も現場で見て、拾って、色々なことを感じてくださいました。

またこの活動をNHKさんが、18時45分 20時45分のニュースで取り上げてくださり、多くの反響がありました。 ただプラスチックを拾うだけではなく、それをアートにして、継続的に伝えられること、そのアイディアが最高!と色々な団体や、各省の方に「マネします!」と言ってもらいました。過去に、タバコのフィルターカヌーや、タバコフィルター自転車、吸い殻くんという本も、そいうった発想でした。

たった30分でこんなにカラフルなプラスチックを拾いました。見てください!! 絵具のようなカラフルなプラスチックです。

第150回海さくらゴミ拾い

当日も皆様にお伝えしたのですが、上重カメラマンが、事前に神奈川環境科学センター様からお借りした、色々な種類のマイクロプラスチックがあることを伝えました。神奈川環境科学センターの皆様、ありがとうございました。

ちょっとだけ、説明します。こんな種類があるんですよ。

第150回海さくらゴミ拾い

私は、ポリプロピレン(樹脂ペレット)を拾ったとき、宝物を見つけたような気持ちになりました。最初は、米つぶと思っていたので。

プラスチック・マイクロプラスチックには、本当に色々な種類があるのです。肥料の皮の部分だったり、人工芝だったり、クッションの中身のビーズみたいなものだったり・・・生活の色々なものが、分解され、海岸に流れ着いています。

しかも流れ続けているのです。このままだと、2050年に魚の量よりプラスチックが多くなると言われるのが、手にとるようにわかります。海岸にあがらないプラスチック達は、海にながれ、魚や海鳥が食べてしまい、いつか人間に戻ってくるのです。プラスチックは海で毒性のものを吸着するといわれており、ますます、なんとかしないといけないと思います。

現場で体験・体感をしてもらうために、やはり「楽しい!」は大事ですね。また充実した1日を過ごすことができました。

参加してくださいました皆様、いつも応援してくださる皆様、ありがとうございました。

NHK首都圏ニュースで放送された動画は、下記から1週間くらい見れるようです。 https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190413/0028315.html

それでは、当日の模様を写真でお楽しみください。
すべての写真は 代表ブログ よりご覧いただけます。

Photo by 上重泰秀

「海さくら海創造プロジェクト」第42回水質調査の結果
海創造プロジェクト - 水質調査

今後の活動のおしらせ

第151回海さくらゴミ拾い
2019年5月18日(土) 10:00~11:30 集合9:45
★ 参加特典 ★ 映画「海獣の子供」ポスターシールをプレゼント!!
「海獣の子供」は6月7日(金)より全国ロードショー!
目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い