目指せ!日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ!日本一楽しいゴミ拾い!

BLOG・SNS
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

江の島 Lovers vol.01 Enoshihma lovers vol.01

エコサーファー 堀直也さん

エコサーファー 堀直也さん

「これ、“ビーチグラス”っていうんです。キレイでしょ?」と、エコサーファー代表の堀直也さんが差し出すその手には…カラフルに輝く石ころ状のものが。 ガラスの破片が、海岸に流れ着くまでに角が取れて丸くなったもの。

ビーチグラス

この「ビーチグラス」を地域通貨として湘南のサーフショップやカフェで流通させるプロジェクトが、2007年4月15日から始動しています。 海岸で拾ったビーチグラスの状態によって、50円~200円相当の「ビーチマネー」として利用できるのです。 (あくまでビーチマネーは、お金ではありません。もちろんお金と交換も出来ません。それと同等の価値にして利用できるのです。) その仕掛け人が、堀さんです。

“お洒落でカッコいいエコ”を追求し、他にも地元・辻堂海岸でのビーチクリーン活動を始め、フリーマガジンの発行やイベントの開催など、精力的な活動を行っている堀さん。 「とにかくB級感、サブカル感が好きなんだよね。フリーマガジンも、音楽好きのグラフィックデザイナーと一緒に楽しく作っています。」 堀さんにとっては、環境活動もライフスタイルの一部、遊びの一部。心から楽しんでいるのが伝わってきます。

辻堂をこよなく愛する生粋のサーファーでもある堀さんの信条は“NotToo Much”。 「仕事だけとか、サーフィンだけとかじゃなくて、仕事も恋愛もサーフィンもバランスよく。もちろん、環境活動もね。それがサーファーのいちばんいいところだと僕は思う。サーファー万歳だね(笑)」 気負いがなく、肩ヒジを張らないのが堀さんらしさ。定期的なビーチクリーンはもちろん、小学校に出向いて講義も行うなど、海に対する想いは人一倍あるのです。

「純粋に人が好きだから。僕にとっては、この活動を通じていろんな人と知り合えるのが本当に楽しい。めちゃめちゃ有名な○○先生っていうんじゃなくても、地道に活動してるステキな人はたくさんいる。そういう人ともっと知り合いになって、もっと紹介していきたいね」

インタビュー2007年

目指せ!日本一楽しいゴミ拾い!

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い!」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。 団体概要

お問い合わせ

follow us
代表BLOG

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い