目指せ日本一楽しいゴミ拾い!海さくら - 江の島 ごみ拾い ボランティア

目指せ日本一楽しいゴミ拾い!

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い

学生たちと対談 vol.2 Talk session vol.2

「どうしたら海はキレイになるのだろうか?」

そんな純粋な疑問について、学生のみんなと一緒にゴミ拾いをして、環境について考え、議論してみよう。 「海さくらと学校」の取り組みの1つとして、2012年8月30日、第2回目の特別企画を実施しました。

参加してくれた学生のみなさん

各生徒さんの画像をクリックすると、「ゴミ拾いで拾ったもの」「どうしたらゴミはなくなるのか」などの、生徒さんの人柄や感想をご覧いただけます。

Q:海からゴミをなくす為に、それと若者がゴミ拾いに参加してくれる為の、何かいいアイディアもらえませんか?

自分たちが生活してる中で、ゴミを出しているという状況を把握して、日頃の自分たちの行いを考えれば少しは減ると思います。
一人一人が美化意識を持つことが大切だと思います。今日のようなゴミ拾い活動を盛んにやっていれば、拾ってくれてる人がいるから捨ててはいけないという気持ちにみんななってくれるはず…、それで自然に捨てないようにする方向にもっていけばいいと思います。あとは、ゴミ問題の現状ををしっかり学習することが大切だと思います。
ゴミを捨てることによって、自分たちにどのような形で悪影響を及ぼしたり、影響が返ってくるかということを知れば、自然とゴミ捨てをやめるのではないかと思います。それと、ボランティアをしている団体があるってことを知ってもらうことも重要だと思います。
小和田先生:
難しいですね…。普段の意識はもちろん必要だけど、根本的に、あまりにも便利になり過ぎて、使い捨てが多すぎる現状も、ゴミ拾い活動と一緒に考えていく必要があると思います。
自分たちが生活してる中で、ゴミを出しているという状況を把握して、日頃の自分たちの行いを考えれば少しは減ると思います。
自分たちが生活してる中で、ゴミを出しているという状況を把握して、日頃の自分たちの行いを考えれば少しは減ると思います。
鑓田先生:
ゴミ拾いをしていると、トレーやビニール袋などの包装材が多かったので、 例えば、飴の袋をやめて、包装ごと食べられるようにして、ゴミをださないようにするとか、トレーも発砲スチロールをやめて紙にするとか…材質を発明することは、日本の技術力でできそうな気がします。笑
佐藤先生:
主婦の目線で言うと、過剰包装が今、一番の課題ではないかと思います。大きな話ですが、生産の段階から切り込んでいかなければいけないのではないかということと、同時進行で、マナーの啓蒙ですよね。
たばこの携帯灰皿だけでなく、最近は普通のゴミ捨て用の女性が持てるかわいい携帯ゴミ袋が出始めてますが、そういうものをもっとみんなが普段から持つようになればポイ捨てが無くなっていくんじゃないかと思います。ゴミ箱を増やすこともいいですが、設置すればするほど持ち帰るという意識が減ってしまうのでそれよりも、自分で持ち帰る意識を広げられたらいいのではないかと思います。

Q:海からゴミをなくす為に、それと若者がゴミ拾いに参加してくれる為の、何かいいアイディアもらえませんか?

佐藤先生:
ゴミに価値がつけばいいという意見ですが、もしゴミがお金に換わるのであれば、若者はゴミ拾いに食いつきますし、ゴミがなくなっていくかもしれませんよね。その両方にヒットするのではないかと思うんです。例えば学校でも、ゴミ袋一袋分拾ってきたら10円になるよとなれば、ゴミを拾ってジュースが買えるならいいよね、と、素直に子供に入っていくと思います。

Q:そもそも、ゴミ拾いをしてキレイにする気がないという意見もあるのでしょうか?

正直、ポイ捨てしていました…気分は良くないけど。前に一度ポイ捨てしないようにして、ゴミをポケットに入れていたら、汁が出てべちょべちょになった経験があったので...。その後、数回ポイ捨てをしてしまいました。スイマセン。
ゴミは下に落ちているから、普通に歩いていると視界に入らず、学生などは、ゴミが落ちていても気づかないし、気にならないんです。今日のゴミ拾いの最中はいっぱい落ちてるなと思いましたけど、今日ここに来る時には全く気にならなかったです。だからみんなが少し意識するだけで変わってくるんじゃないかと思います。
やっぱりゴミに価値をつけるとか、みんなのやる気を奮い立たせるというのが一番いいのかなと。価値というのはお金でもいいですし、ポイント制にするとかでもいいし、他にもいろいろあると思いますが...

Q:ゴミ拾いに参加したらAKBが抱きしめてくれるとか、嵐がゴミをなくそう!と言うと効果あるのでしょうか?

芸能人が言ったら効果はあると思う。

参加してくれた湘南学園高校、逗子開成高校、横須賀学院中学校のみなさん、先生、本日はどうもありがとうございました!

目指せ!日本一楽しいゴミ拾い

NPO法人 海さくら

神奈川県の江の島で2005年から「目指せ!日本一楽しいゴミ拾い」をモットーに 年間ビーチクリーンを行い清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体。江の島に「かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるくらいキレイにする」という目標をかかげ、体験・体感を大事にし「楽しく」「楽しめる」活動を継続しています。

お問い合わせ 各地の海さくら

海さくら|江の島 ビーチクリーン ボランティア ゴミ拾い